ホーム>スタッフブログ>2016年1月

2016年1月

思い

こんにちは、しゃらくの鈴木です。

「大切なものは目には見えない」星の王子さまの名言です。

人生の節目に於いて何らかの儀式があります。

お宮参り、七五三、入学、卒業、成人式、、、結婚、、、、還暦、、、、、葬式。

 

ボクの仕事は

皆さんの写真を撮ることです。

写真を撮ることは、あなたの人生の儀式に参加すると言うこと

皆さんの人生の脇役として登場すること。

人生を演じることと例えると

収録なら、撮り直しがきくけど

舞台役者は演技を止められません。

ドンドン時間が流れていく。人生は台本のない舞台役者と似ています。

 

10年前にボクが撮った写真下手でした。ごめんさない。

ただ、当時精一杯撮影してました。

年齢を重ね少しずつ本物にふれ、外見だけをつくろう事のつまらなさ

本質から外れたことをしている人と関わる違和感。

七五三のお祝いはみんながしているから祝うものではありません。

七五三の祝いには意味があるのです。

成人式も同じです。

振袖は20歳の為の着物だと思っている方も多いようですが

それは違います。

ちゃんと振袖を着る意味があるのです。

当店で振袖レンタルされる方や前撮りするかたには

振袖の由来をお話ししたりしております。

本当の意味を知って撮影に臨み素敵な姿を残して欲しいのです。

 

まだまだ、未熟者ではありますが

あなたの人生の一日を素敵に演出したいと思っております。

フォトグラファ 鈴木信太郎